商品情報にスキップ
1 1

(주)동아제약

マイボラジョン(避妊薬)

マイボラジョン(避妊薬)

通常価格 $19.00 USD
通常価格 セール価格 $19.00 USD
セール 売り切れ
配送料はチェックアウト時に計算されます。

1) 効能、効果

避妊

2)用法、容量

1日1錠ずつ21日間表示された手順に従って服用し、7日間休薬する。服用時間は、可能であれば、毎日同じ時間に服用することが好ましい。 7日の休薬期間中に月経が現れ、通常錠剤の最後の服用後2~3日以内に始まる。新しい包装を始める前に月経が終わらないかもしれません。この薬を服用し続ける場合は、7日間休薬後、新しい包装の錠剤で服用を開始する。 1. 初めて服用する場合 1)先月ホルモン的避妊薬を使用しなかった場合 月経が始まる1日目から服用を始める。そうでなければ月経開始5日以内でも開始すればよいが、完全な避妊効果が期待できないので、服用の最初の7日間は必ず別途の非ホルモン的避妊方法(周期調節法または基礎体温法を除いた方法:避妊器具など)が並行しなければならない。 。もし月経開始後5日が経過したら、次の月経まで待ってから服用する。また、薬を服用する前にすでに起こった排卵と妊娠の可能性を考慮する必要があります。 2) 複合ホルモン避妊剤(複合経口避妊剤)、ジリング、あるいは経皮パッチ剤から変える場合 既存服用していた避妊薬の最終錠剤を服用した翌日、この薬の服用を開始する(休薬期間なし)。しかし、既存に服用していた避妊薬が休薬期間や活性成分のないプラセボ錠を含んでいる場合、遅くとも休薬期間が終わった翌日またはプラセボ錠をすべて服用してから日この薬の服用を開始する。膣リングや経皮パッチ剤を使用した場合は、なるべく最後のリングや一周期包装のパッチ剤を取り除いた日からこの薬の服用を開始し、遅くとも次回使用が予定された時点まではこの薬の服用を開始しなければならないする。 3) プロゲステロン単成分のみを含有する避妊薬で変える場合 いつでもミニフィル(プロゲステロン単一経口避妊薬)の使用を中止し、この薬を服用することができます。インプラントや子宮内装置の場合は取り除いた日から服用し、注射剤の場合は次の注射が予定されたときに服用する。ただし、すべての場合に服用後最初の7日間、隔膜避妊法を並行しなければならない。 2.服用を忘れた場合 1)服用する時間から12時間を経過していない場合 避妊効果は維持される。思い出した直ちに1錠を服用し、普段どおり定められた時間に次の錠剤を服用する。 2)服用する時間から12時間を経過した場合 避妊効果を減らすことができるので、次の2つの原則に従って以下の指示に従ってください。 1.錠剤の服用を中止した期間が7日を超えてはならない。 2. 視床下部 - 下垂体 - 卵巣 - 軸が適切に抑制されるためには7日間持続的に服用しなければならない。 ●1週間 思い出したすぐに忘れた最後のタブレットを取る。そのため、一度に2錠を服用することもできる。そして普段どおり定められた時間に次の錠剤を服用する。服用後最初の7日間、コンドームなどの隔膜避妊法を併行しなければならない。もし前の7日間に性関係が行われた場合、妊娠の可能性がある。服用を忘れた薬の数が多くなり、服用を忘れた時点が正常な休薬期間に近いほど、妊娠の危険性は高くなります。 ●2週間 思い出したすぐに忘れた最後のタブレットを取る。そのため、一度に2錠を服用することもできる。そして普段どおり定められた時間に次の錠剤を服用する。最初の錠剤を忘れる直前の7日間継続的にこの薬を服用した場合は、追加の避妊方法を並行する必要はありません。しかし、そうでない場合、または服用を忘れた錠剤が2錠以上の場合は、服用後最初の7日間に追加の避妊を並行する必要があります。 ●3週間 休薬期間が近づくため、避妊効果が減少する危険性が高い。次の指示に従って、避妊効果の減少を防ぐことができます。 最初の錠剤を忘れる直前の7日間継続的にこの薬を服用している場合は、次の2つの方法のいずれかを選択することによって追加の避妊方法を並行する必要はありません。そうでない場合は、次の2つの方法のうちの最初の方法に従い、最初の7日間に追加の避妊方法を並行する必要があります。 ①思い出した直ちに忘れた最後の錠剤を服用する。そのため、一度に2錠を服用することもできる。そして普段どおり定められた時間に次の錠剤を服用する。現在の包装が終了するとすぐに、休薬期間なしに次の包装を開始しなければならない。第二の包装の錠剤の投与が終わるまで、退縮性出血は現れないかもしれないが、服用中に破綻出血または点状出血が現れることがある。 ②現在の包装で薬を服用することを中止し、服用を忘れた日を含む7日間休薬期間を持った後、新しい包装で服用を開始する。 服用を忘れてから最初の正常な休薬期間中に退縮性出血が現れない場合は、妊娠の可能性を考慮する必要があります。 3. 嘔吐や胃腸障害がある場合 重度の胃腸障害がある場合、この薬の吸収が不完全なので、追加的な避妊法を併用しなければならない。 もし服用後3〜4時間以内に嘔吐をする場合、服用していないとみなし、「2.服用を忘れた場合」項に従って服用する。通常の服用計画を変えたくない場合は、新しい包装で必要な余分な錠剤を服用すればよい。 4. 予期しない出血がある場合 主に最初の3ヶ月間に不定期的な出血(点状または破壊性出血)が現れることがありますが、この場合服用を続けます。通常3ヶ月後には症状が消え、出血が続くか、量が増えたら医師に相談する。 5.分娩と遺産後の服用 1)妊娠の最初の3ヶ月以内に遺産後 すぐに服用を始めることができる。そのような場合、追加の避妊法は必要ありません。 2)妊娠4〜6ヶ月の間に遺産後または出産後 流産後または分娩後21日〜28日の間に服用を開始することができる。さらに遅く始める場合は、服用後最初の7日間に非ホルモン的避妊方法を並行しなければならない。しかし、性関係がすでに行われている場合は、妊娠の有無を確認後、複合経口避妊薬を開始するか、正常な月経が始まるのを待ってから月経が始まる最初の日から服用しなければならない。 6. 周期を変更または延長する場合 周期を延ばすためには、休薬期間なしでこの薬の新しい包装を順番に服用する。 2番目の包装をすべて服用するまで、所望の期間延長することができる。延長期間中に破綻出血または点状出血を経験することができる。その後、7日間の休薬期間後、この薬の服用を正常に再開する。 現在のスケジュール以外の日に期間を変更するためには、希望の日程に近づく休止期間を短くすることができます。休薬期間が短いほど、退縮性出血が現れず、第二の包装を服用している間に破綻出血および点状出血を経験する危険性が高くなる。

3) 包装単位

21錠/フィティフィ

4)成分、含有量

ゲストデン0.075mg、エチニルエストラジオール0.030mg

5) 使用期間

製造日から36ヶ月

6) 保管方法

気密容器、室温(1~30℃)保管

詳細を表示する

Customer Reviews

Be the first to write a review
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)