商品情報にスキップ
1 2

(주)한국화이자제약

ジフルカン乾燥シロップ(フルコナゾール)(手、爪水虫治療剤)

ジフルカン乾燥シロップ(フルコナゾール)(手、爪水虫治療剤)

通常価格 $48.00 USD
通常価格 セール価格 $48.00 USD
セール 売り切れ
配送料はチェックアウト時に計算されます。

1) 効能、効果

1. 急性または再発性ジルカンジダ症 2. 免疫機能が正常な患者および免疫機能低下患者の口腔咽頭、食道、非侵襲性気管支肺感染症とカンジダ尿症、皮膚粘膜および慢性萎縮性口腔カンジダ症(義歯による口腔内痛)などを含む粘膜カンジダ症 3. カンジダ血症、播種性カンジダ症およびその他の侵襲性カンジダ感染症(腹膜、心内膜、肺、泌尿器系など)を含む全身カンジダ症 4. 免疫機能が正常な患者および免疫機能低下患者(エイズ(AIDS)、臓器移植患者またはその他の免疫抑制療法を受けている患者など)のクリプトコッカス髄膜炎および肺、皮膚など身体の他の部位のクリプトコクシ症 5. AIDS患者のクリプトコックスの再発を防止するための維持療法 6. 細胞毒性化学療法や放射線療法、骨髄移植による好中球減少症による真菌感染の危険がある免疫機能低下患者の真菌感染症の予防 7. 手・爪真菌症、水虫(足部白腺)、体部白癬、瘢痕(シャンベクソン)、斑点および皮膚カンジダ症を含む皮膚真菌感染症

2)用法、容量

薬物投与経路は患者の臨床状態によって決定される。経口製剤の吸収は迅速かつほぼ完全に吸収されるので、経口製剤(カプセル、乾燥シロップ)と注射製剤の投与量は同じである。 1. 成人 1) ジルカンジダ症: フルコナゾールとして150mg単回経口投与 2) 粘膜カンジダ症できる。 (2)慢性萎縮性口腔カンジダ症(義歯による口腔内痛)この薬として、通常1日1回50mgを14日間投与し、義歯の局所消毒を並行しなければならない。 (3)その他の粘膜カンジダ症(ジルカンジダ症を除く食道カンジダ症、非侵襲性気管支肺感染症、カンジダ尿症、皮膚粘膜カンジダ症など)場合には、1日1回100mgに増量することができる。 3)カンジダ血症、播種性カンジダ症その他の侵襲性カンジダ感染症(腹膜、心内膜、肺、泌尿器系など)を含む全身カンジダ症の薬として、通常初日400mgを1回投与し、翌日から1日1回200 mgを投与し、患者の反応に応じて1日1回400mgまで増量することができる。投与期間は臨床的反応および医学的判断によって決定される。 4)クリプトコッカス髄膜炎および他の部位のクリプトコッカス症この薬としては通常、最初の日に400mgを1回投与し、翌日から1日1回200〜400mgを投与する。治療期間は臨床反応と真菌反応によって決定されますが、通常少なくとも6〜8週間投与する必要があります。 5)エイズ患者のクリプトコックス髄膜炎再発防止のためには、患者が基礎治療をすべて受けた後、この薬として1日1回、少なくとも200mgを無期限投与する。 6)細胞毒性化学療法や放射線療法、骨髄移植による好中球減少症による真菌感染症のリスクがある免疫不全患者の真菌感染症の予防:患者の真菌感染症にかかるリスク程度に応じて、この薬として1日1回50 - 400 mgを投与する。全身性真菌感染症のリスクが非常に高い患者、すなわち骨髄移植の場合など、好中球減少症が重症であるか、好中球減少症期間が長いと予想される患者には、1日1回400mgをお勧めします。これらの患者に好中球減少症が始まると予想される5〜6日前から400mgを投与し、好中球数が1,000cells / mm 3以上に増加した後も、1週間継続して400mgを投与しなければならない。 7)手・爪真菌症には1週1回150mgずつ投与し、投与期間は手、爪が再び成長するまで(感染していない新しい手、爪が成長するまで)投与する。新しい爪が成長するのにかかる期間は、通常3〜6ヶ月、爪の場合は6〜12ヶ月程度かかり、成長速度は個人別に年齢によって異なる場合がある。長期投与で首尾よく治療した後、時々手、爪が損傷したままになる場合もある。水虫(足部白癬)、体部白癬、全線(シャンベクソン)、皮膚カンジダ症など皮膚真菌感染症:この薬として、通常1日1回50mgまたは1週1回150mgを2〜4週間投与する。しかし、水虫の場合、経過に応じて6週間の投与が必要な場合があります。涙は1日1回50mgを2〜4週間投与します。 2.小​​児成人用量に基づく小児用量は、一般的に以下の基準を適用し、最大400 mgを超えない。成人用量100mg-小児用量3mg/kg 成人用量200mg-小児用量6mg/kg 成人用量400mg-小児用量12mg/kg ただし、生後6ヶ月未満の乳児に対する安全性、有効性が確立されていない(使用上の注意事項参照)。 1)口腔咽頭カンジダ症この薬として初日の体重1kgあたり6mgを投与し、翌日から1日1回体重1kgあたり3mgを投与する。再発防止のために少なくとも2週間投与する必要があります。 2)食道カンジダ症この薬として初日の体重1kgあたり6mgを投与し、翌日から1日1回体重1kgあたり3mgを投与する。患者の反応に応じて、体重1kgあたり1日1回12 mgまで増量することができる。少なくとも3週間、症状の消失後少なくとも2週間投与する。 3)カンジダ血症、播種性カンジダ症および他の侵襲性カンジダ感染症(腹膜、心内膜、肺、泌尿器系など)を含む全身カンジダ症1日1回体重1kgあたり6〜12mgを投与する。投与期間は臨床的反応および医学的判断によって決定される。 4)クリプトコッカス髄膜炎この薬として初日の体重1kgあたり12mgを投与し、翌日から1日1回体重1kgあたり6mgを投与する。患者の反応に応じて、1日1回体重1kgあたり12mgに増量することができる。治療期間は、脳脊髄液培養陰性所見があった後10〜12週間投与する。 5)エイズ患者のクリプトコックス髄膜炎の再発防止のためには、患者が基礎治療をすべて受けた後、1日1回体重1kgあたり6mgを投与する。 6)腎障害小児は、腎障害の程度に応じて成人腎障害患者と同じ基準で投与間隔を増やし、用量を減らさなければならない。 10mg未満の用量を投与するときは、正確な量を調整するために、小児の臨床状態に応じてシロップ剤を経口投与するか、注射剤を静脈注射する必要があります。 3. 高齢者の新機能が正常な場合は通常成人用量を投与し、腎障害があるときは(クレアチニン洗浄率50mL/min以下)投与量を減らすか、投与間隔を増やさなければならない。 4.腎臓病患者この薬は、変化せずに主に尿を通して排泄されます。 1回だけ投与する場合は用量調節は必要ないが、複数回投与しなければならない場合は、投与の最初の日にのみ常用量を投与し、翌日からは次のように用量を調節しなければならない。血液透析を受けている患者の場合、各血液透析後に商用量の100%を投与する必要があります。透析をしない日にはクレアチニン洗浄率に応じて減量して投与しなければならない。

3) 包装単位

350 mg/ 35 mL

4)成分、含有量

フルコナゾール 1.64g

5) 使用期間

E59

製造日から24ヶ月

6) 保管方法

気密容器、室温保管

詳細を表示する

Customer Reviews

Be the first to write a review
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)