商品情報にスキップ
1 1

한국코러스(주)

コバルタン錠(高血圧)

コバルタン錠(高血圧)

通常価格 $37.00 USD
通常価格 セール価格 $37.00 USD
セール 売り切れ
配送料はチェックアウト時に計算されます。

1) 効能、効果

1.本態高血圧

2. 心不全

ACE抑制剤に不耐性(intolerant)である心不全(NYHA class II.~IV.)

3.心筋梗塞後の死亡リスクの減少

症状、症候、または放射線学的に左心室不全および/または左心室収縮機能不全を有する臨床的に安定な患者における心筋梗塞後の死亡リスクの減少

2)用法、容量

1.本態高血圧

食事中に水と一緒に服用するか、食餌に服用する。可能であれば、毎日同じ時間(例えば朝)に服用することをお勧めします。

1)成人:性別、人種に関係なく、バルサルタンとして1日1回80mgの経口投与が推奨されます。

血圧降下効果は2週間以内に徐々に現れ、4週間後に最大効果を示す。

血圧調節がうまくいかない患者は、用量を1日160mgまで増量したり、利尿剤を併用投与することができる。追加の血圧降下が必要な場合は、最大1日320mgの用量を増やすことができます。

2)高齢者(75歳以上):この薬として1日1回40mgで投与を開始する。

3)腎障害患者:

(1)クレアチニン清掃率20~50mL/min:用量調節は必要ない。

(2)クレアチニン清掃率10~20mL/min:この薬として1日1回40mgで投与を開始する。

(3)クレアチニン清掃率10mL/min未満及び透析患者:この薬を投与しない。

4)血液中の体液不足患者:血液中の体液が不足している患者の場合(例えば、高用量の利尿剤服用患者で用量を減量できない場合)、この薬として1日1回40mgで投与を開始する。

5)肝障害患者:軽症および中等度肝障害患者の場合、この薬として1日1回40mgで治療を開始し、1日80mgを超えてはならない。重症の肝障害、肝硬変、胆汁うっ滞患者にはこの薬を投与しない。

6)小児:18歳未満の小児および青少年で安全性、有効性が確立されていない。

2. 心不全

成人:開始用量はこの薬として1日2回、1回40mg経口投与が推奨され、1回80mgまたは160mgまで増量することができる。利尿薬の併用投与では、利尿薬の用量減少を考慮する必要があります。 1日最大投与量は320mgに分割投与する。この薬はACE阻害剤とベータ遮断剤との三重併用投与は推奨されない。

3.心筋梗塞後の死亡リスクの減少

成人:心筋梗塞発現後12時間以内に投与を開始することができる。開始用量はこの薬として1回20mgずつ1日2回で開始することが推奨され、その後数週間かけてこの薬を1回40mg、80mg、160mgを1日2回投与する方式で患者の耐容性を考慮して用量を増量する。

低血圧症状または腎不全が現れる場合は、減量を考慮してください。

心筋梗塞後、他の投与法(例えば、血栓溶解剤、アセチルサリチル酸、β遮断薬およびスタチン系薬物)で治療されている患者にもこの薬を投与することができる。ただし、ACE阻害剤との併用はお勧めできません。

4. 腎障害患者

:クレアチニン清掃率10mL/min以上の場合、用量調節は必要ないが、クレアチニン清掃率10mL/min未満及び透析患者に対する経験がないので使用経験がないのでこの薬を投与しない。

5. 肝障害患者

:軽度および中等度の肝障害患者に対するこの薬の1日用量は、1日80mgを超えないことが好ましい。 1日80mg以上を投与する場合、用量増量時の治療の有益性が危険性を上回るかどうかを考慮しなければならない。重症の肝障害、肝硬変、胆汁うっ滞患者の場合、この薬を投与しない。

6. 小児

:18歳未満の小児および青少年で安全性、有効性が確立されていない。

3) 包装単位

30錠/ボトル

4)成分、含有量

バルサルタン バルサルタン 160mg

5) 使用期間

製造日から36ヶ月

6) 保管方法

気密容器、熱と湿気を避け、30℃以下で保管

詳細を表示する

Customer Reviews

Be the first to write a review
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)