商品情報にスキップ
1 2

삼아제약㈜

サムセププロジジョン(中耳炎)

サムセププロジジョン(中耳炎)

通常価格 $157.00 USD
通常価格 セール価格 $157.00 USD
セール 売り切れ
配送料はチェックアウト時に計算されます。

1) 効能、効果

この薬は、以下の感受性株による軽度および中等度の感染症患者の治療に使用されます。

1. 胃道感染症

- 咽頭炎/扁桃炎[原人菌:ストレプトコックスフィオゲネス(グループA-ベータ溶血性)]

注)リウマチ熱予防など連鎖球菌感染の治療及び予防時に通常選択される薬物はペニシリン筋肉注射剤である。この薬は一般的に非リン鋼でのストレプトコックスフィオゲネス(グループA-ベータ溶血性)の根絶に効果的であり、リウマチ熱予防効果はまだ立証されていない。

- 中耳炎(原因菌:肺炎連鎖球菌、インフルエンザ菌およびモラクセラカタラリス)株)

ベータラクタマーゼ産生菌による中耳炎の治療におけるこの薬の殺菌率は、特定のベータラクタマーゼ阻害剤を含む薬物よりもやや低いです。したがって、この薬は、一定の地域でよく見られる原因菌の感受性パターンとベータラクタマーゼ阻害剤を含む薬物の毒性増加の可能性を考慮して使用する必要があります。

- 急性副鼻腔炎[原因菌:肺炎連鎖球菌、インフルエンザ菌(ベータラクタマーゼ生成菌を含む)、モラクセラカタラリス(ベータラクタマーゼ生成菌を含む)]

2. また、感染症急性気管支炎の二次細菌感染と慢性気管支炎の急性細菌性症

細悪化[原因菌:肺炎連鎖球菌、インフルエンザ菌(ベータラクタマーゼ生成菌を含む)およびモラクセラカタラリス]

3. 皮膚および軟部組織感染症

単純性皮膚および軟組織感染[原因菌:ブドウ球菌(ペニシリナーゼ生成菌)およびストレプトコックスフィオゲネス(グループA-ベータ溶血性)]、手術による背農を要する膿瘍

4.単純性泌尿器系感染(膀胱炎を含む)(原因菌:大腸菌、肺炎菌、プロテウスミラビリス)

必要に応じて原因菌を培養し、この薬に対する感受性試験を実施しなければならない。

2)用法、容量

○成人(13歳以上)1)上記感染症のうち、咽頭炎、扁桃炎はセフプロジルとして1回500mg(力価)を24時間ごとに投与し、急性副鼻腔炎は250mg(力価)または500mg(力価)

を12時間ごとに投与する(中等度以上の感染の場合に増量必要)。

2) 以下の感染症のうち、急性気管支炎の細菌性二次感染や慢性気管支炎の細菌性悪化には、この薬として1回500mg(力価)を12時間ごとに投与する。

3)単純性皮膚および軟組織感染には、この薬として250mg(力価)を12時間ごとに投与(または500mg(力価)を24時間毎)または症状に応じて500mg(力価)を12時間ごとに投与する。

4)単純性尿路感染症には、この薬として500mg(力価)を24時間ごとに投与する。

○小児(2~12歳)

を12時間ごとに投与する。

2)単純性皮膚および軟組織感染には、1回体重Kgあたり20mg(力価)を24時間ごとに投与する。

○幼児(6ヶ月~12歳)

上記感染の中耳炎には体重1kg当たり15mgを12時間毎に投与し、急性副鼻腔炎には体重Kg当たり7.5mgを12時間毎に投与する。ただし、中等度以上の感染として増量が必要な場合は、体重Kg当たり15mgを12時間ごとに投与する。

<投与期間>

通常10日程度投与するが、ストレプトコックスフィオゲネス(グループA-ベータ溶血性)による感染症である咽頭炎/扁桃炎の場合には10日以上投与する。また、単純性膀胱炎には約7日間投与する。

○腎障害患者

1)クレアチニン清掃率が30~120mL/minの場合には、上記の標準用量用法に従って投与する。

2)クレアチニン清掃率が29mL/min以下の場合には標準量の50%を投与するが、投与間隔は標準用法と同じである。ただし、この薬は血液透析によって一部抜け出るため、血液透析が終わった後に投与するようにする。

一度溶解時には冷蔵保存して14日以内に服用する(シロップ剤に限る。)。

3) 包装単位

30錠、100錠(ボトル)

4)成分、含有量

セフプロジルとして250mg

5) 使用期間

製造日から36ヶ月

6)保管方法

遮光機密容器、室温(1-30℃)保管

詳細を表示する

Customer Reviews

Be the first to write a review
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)