商品情報にスキップ
1 1

㈜동광제약

メノバジョン(生殖器ウイルス感染症)

メノバジョン(生殖器ウイルス感染症)

通常価格 $38.00 USD
通常価格 セール価格 $38.00 USD
セール 売り切れ
配送料はチェックアウト時に計算されます。

1) 効能、効果

(錠剤)(シロップ剤)(懸濁剤)

初発性および再発性生殖器ヘルペスを含む皮膚および粘膜組織の単純ヘルペスウイルス感染症の治療および予防

2.対象ヘルペスウイルス感染症の治療、特に急性時の痛みに効果がある。一方、ヘルペス後の神経痛に対する効果はまだ証明されていない。

3. 2歳以上の小児の水痘治療


2)用法、容量

○大人

1.単純ヘルペスウイルス感染症の治療

1)アシクロバーとして1日5回、1回200mgずつ4時間間隔で5日間投与し、重症初発性感染症の場合、治療を延長することができる。

2)重症免疫機能低下患者(骨髄移植後など)または消化管吸収障害患者は、1回投与量を400mgまで増量したり、静脈注射で投与経路を変えることができる。

3)感染後はできるだけ早く投与することが好ましい。

2. 免疫機能が正常な患者の単純ヘルペス感染症の予防

1)この薬として1日4回、1回200mgを約6時間間隔で投与する。あるいは、1日2回、1回400mgずつ12時間間隔で投与してもよい。

2)その後、1回200mgずつ1日2〜3回減量し、その有効性を確認した後減量することもできる。

3)疾患の自然な変化過程を確認するためには、長期治療患者は6〜12ヶ月ごとに定期的に治療を中断して確認してみなければならない。

3. 免疫機能が低下した患者の単純ヘルペス感染症の予防

1)この薬として1日4回、1回200mgずつ約6時間間隔で投与する。

2)重症免疫機能低下患者(骨髄移植後など)または消化器官吸収障害患者には、1回投与量を400mgまで増量したり、静脈注射で投与経路を変えることができる。

3)感染リスクの期間投与する。

4. 対象ヘルペス感染症の治療

1)この薬として1日5回、1回800mgずつ就寝時間を除いて約4時間間隔で投与し、合計7日間投与する。

2)重症免疫機能低下患者または消化器官吸収障害患者は静脈注射で投与することを考慮しなければならない。

3)感染後、できるだけ早く投与することをお勧めします。

○小児

1. 単純ヘルペス感染症の治療および免疫機能が低下した患者の単純ヘルペス感染症の予防

1)2歳以上:大人に準拠。

2)2歳未満:成人用量の1/2を投与する。

3)免疫機能正常患者の単純ヘルペスウイルス感染症の予防に関する確かな資料はまだない。

2. 2歳以上の小児の水痘治療:この薬として1回体重kgあたり20mg(1回最大800mg)ずつ1日4回、5日間投与する。

治療は、水痘発疹が現れた後に速いほど良く、できるだけ発疹後24時間以内に投与される。

○腎障害患者

腎障害患者は精神神経系異常反応が現れやすく、投与間隔を延長または減量するなど注意しなければならない。

1. 単純ヘルペス感染症の治療

経口投与量は静脈注射による蓄積量より高くないのが普通である。しかしながら、重度の腎障害を有する患者(クレアチニン洗浄率が毎分10mL未満)は、この薬を12時間ごとに200mgずつ投与することが好ましい。

2. 対象ヘルペスウイルス感染症の治療

1)クレアチニン洗浄率が毎分10mL未満の患者は、この薬として1回800mg1日2回、約12時間間隔で減量投与することが好ましい。

2)クレアチニン洗浄率が毎分10~25mLの患者は、この薬として1回800mg1日3回、約8時間間隔で減量投与することが好ましい。


3) 包装単位

30錠/ボトル、100錠/ボトル


4)成分、含有量

アシクロバー200mg


5) 使用期間

製造日から36ヶ月


6) 保管方法

気密容器、25℃以下で乾小保管

詳細を表示する

Customer Reviews

Be the first to write a review
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)